上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
読み終えました。
なんだか、いいですねぇ。
書き取っておきたいような言葉で溢れてました。。。
高校生活かぁ。いいなぁ(笑)みたいな。
80kmを一昼夜かけて歩きとおす「歩行祭」。
読んでる間は私も一緒に周りの景色や風を感じ、
会話をし、疲労し(笑)歩いてた気がします。

夜のピクニック 夜のピクニック
恩田 陸 (2006/09)
新潮社

この商品の詳細を見る


なんだか、一気に高校の時のことを思い起こさせる、、
でも、思い出そうとしても、私は部活のことくらいしか
思い出せなくて(^^;;
あとは、行事はどうやってサボるかばっかり考えてた気がする。。。
もったいないことしたのかもしれないなぁ。なんて思ってみたり。
私は吹奏楽部だったんですが、土曜日のお弁当食べた後、
ちょっとゆっくりしてる時に、音楽室の窓から見える
半円になって、木々や、建物にさえぎられつつも姿を見せている
紺碧の海が結構好きでした。
あの土曜日の午後の光の感じとか、よく覚えてます。
岸辺からすぐ深くなるらしく、エメラルドグリーンなんて
もんじゃないんですけど、独特の深い色。好きだったな。
なんだか、妙に思い出してしまいました。

「今だけ」を一生懸命に。単純なのに難しいことを、
貴子、融をはじめとした登場人物がみずみずしい会話と共に
その先へと繋がる一分一秒を進んでいきます。
疲れ切ってたどり着くゴール。高校最後の行事の終了。
でも、いつだって何かの終わりは何かの始まり。。。
うん、いいお話でした。お勧めです。
スポンサーサイト
2006.09.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mashikoya.blog75.fc2.com/tb.php/8-bc5acba6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。