上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
テンプレート変えてみました(^^)
花火大会・・・人ごみがなぁー。ってことで、花火やりたいんだけど。
それもがっつりと(笑)いや、締めは線香花火だと思いますけど、
思いっきり花火やりたーい。今結構、売ってるのでもすごいじゃないですか。
でもねー、やれるところがねぇー。どこだったらOKなんだろ。
いや、いい年してはしゃいでて怒られるのもなんですし(笑)
都内は無理なのかしらねー。いま非常にやりたくて探してます。
人に聞いてもみな実家のあたりならなーとか言うんだけど、
遠いのよね、結局。ははは。打ち上げたーい!

きゃーーーーーー。恥ずかしい(*_*)私はいったいどこに行ってたの?
あやさんありがとうございます。春日大社です!

ってなわけで、奈良の続き。サクサクいかないと、いつ終わるのか。
まだ1日目も終わってないという(笑)まぁーいっかぁー♪
次は平安神宮春日大社へ行ってまいりました。
DSCN6361.jpg
DSCN6362.jpg
さて参拝と思ったら、入り口にこれが。
「日頃知らず知らずに犯した自分の罪や咎を祓串でお祓いください」と。
そうですね、大切大切。。。
DSCN6371.jpg

回廊には燈籠がずらっと。
DSCN6374.jpg
藤浪之屋では灯されたものが展示されてました。
手持ちなんで、ブレブレだけどー。
DSCN6381.jpg
鹿さん発見!(笑)これはかわいかった(^^)
DSCN6388.jpg
こんな感じもちょっと好きです。
DSCN6394.jpg

こちらは・・・

目通り周囲8.7m、高さ25m、樹齢約800年~1000年。700年昔の
『春日権現験記』には幼木の姿で描かれています。
その根元から斜めに延びているのは、槙柏(伊吹ともいう)で、
直会殿の屋根に穴をあけてまで木を生かしているのは、
特に樹木を大切にされる春日の神様の託宣(古社記)によるものです。

とのこと。すごい。うん。大木ってなんでしょうね、、、
それだけで信仰の対象になったりするのも分かる気がします。
DSCN6396.jpg
穴をあけてまでってとこは、、丁度日陰で分かりづらいかなー。
こっちの方がちょっと見えるかしらん。
DSCN6397.jpg
南門。修学旅行生に混じって撮ってみた(笑)
DSCN6398.jpg
手水舎。ここも鹿だったり。
DSCN6403.jpg
おみくじも鹿(^^)銜えててくれてるのねん。
DSCN6364.jpg
朱の色が鮮やかな、素敵な場所でございました。
なんか、自分で書いて納められるとこもあったりだったので、
結構ゆっくりしてしまいました。
スポンサーサイト
2009.07.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mashikoya.blog75.fc2.com/tb.php/786-757e0dfb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。