上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
いや~ん、また下書きのままになってて気づかなかった。。だめね。
こちらは24日に書いたんですがね。そうね、あの日も雨だった。
そして今も外はいい雨だわ。って、そのままUPしちゃえ!(笑)

なんだか、すんごい雷雨でした。
朝降ってた雨も午後には止んで雲も薄く、青空ものぞいてたのに、
ちょっと食事して外に出たら、ポツポツきだして。
家に着く頃には結構な雨だなと思ったら、雷もすごかった。
結構長い時間続いてました。なに?やっぱり変な天気。
暑かったり、涼しくなったり、なんだかなーです。

さて。この間のやまざきさんのライブの前に行ってみた阿修羅展。
この間、めざましTVでも女性が多く・・・なんてやってましたけど。
ほほぅ、そりゃまた(笑)確かにすごい人でしたわ。
平日だしぃ、な~んて考えが甘かったわ(笑)
DSCN5806.jpg
9時半が開場だったんだけど、10時過ぎくらいになったのかしらん、
そしたら、もう入場規制で60分待ちでした。ははは。
入っても大混雑だったけど。って、入り口付近で説明読むから余計なのよね。
って、うちらはスルスルと適当に。だって、自由に巡れるから。
後からでもいいかぁ~なんてね(笑)
でも、入り口入ってすぐから3Dの興福寺中金堂の外観の再現図があり、
その3Dがまたねぇ、いや、今のってすごいわぁ。って、圧倒されましたね。
そこでひとまず近づいたり、遠くから見てみたり(笑)止まっちゃうし。
これがどうしてもやりたくなっちゃうんですよねぇ。
途中からはまあ、多い人だったけど、結構自由に見れたからよかったかな。
八部衆像、十大弟子像もそれぞれに一つずつ見てるとほんとに面白い。
揃ってると言うのがまた。そのまま展示されてるし。
後ろも見れてしまうし。結構近づけるのはやっぱり楽しめる度合いが違う。
いや、像もそうだけど、小さなものから大きなものまで、見所は満載。
薬王菩薩と薬上菩薩の両像は像高が3メートルを超えてたそうで。
いや、やっぱりすごいんですよねぇ。実際見てしまうと。
その経緯とかやっぱり知りたくなっちゃいます。
知るとそれぞれがどうしてそうなってるのかとか・・・面白いです。
って、深すぎて、表面サラッとしかなぞれないんだけど(^^;;

まあ、メインの阿修羅像のとこはすごい事になってました。やはり。
今回は360度見れるってことで、周りをぐるっと人が囲んでたんで、
私らは一段上になってるところから、ひとまず正面だけだけど、
ゆっくり見させていただきました。あの人の波にはまったら見えるんだか
見えないんだか・・・って感じだったので。ってか、動線が全くないんで、
完全に人の動きが止まっちゃってたからねぇ。
上から見てて、これでGWとかどうやってたのかしらんと。
でもね、見入っちゃうのはとっても分かる。まず一見して美しいし。
そしてやっぱり見る人それぞれに、その人の状態でもその表情から
見て取れる印象は変わっていくだろうなという。
そういうのって、その世界に入っていきやすいというか、
すっと移入できてしまうから、からめとられてしまうのよね、きっと。
いくら見ていても飽きない感じでありました。
近くからは一周さらっとまわっただけで、遠目に見ただけだったけど。
あの団子状態の中には入れなかったわ(^^;;

お隣の表慶館ではカルティエの特別展が。さすがにハシゴはしなかったけど。
ホント上野公園は1日いても飽きないというか、色々あって面白いのよね。
DSCN5803.jpg

本館もね。ここもゆっくりできます(^^)いいんだよねぇと言いつつ。
だって、建物だけでもねぇ。すごいです。見入っちゃいます(^^)
DSCN5809.jpg
何気に2時過ぎてたので、あれ?ってな感じで、渋谷へ向かったのでした。
ホントは本館でもちょっとゆっくりしようかとか、そのあと明治神宮行っちゃう?
な~んて、行ってたんだけど、遅めのお昼食べてちょっとゆっくりしたら、
もう開場の時間だったのね(^^;;ま、十分に満腹な一日でしたが(笑)

で、こちらはちょっと前に行った、上も既にちょっと前か(笑)
ゾーヴァ展。「ちいさなちいさな王様」でご存知の方もいらっしゃるかしら。
まだの方はなかなか素敵な絵本なので、読んで頂きたい。
この年で読んで丁度いい感じかも。
ちょっと忘れてるんじゃない?っての思い出させてくれたり。
なんか、不思議な世界なんだけど、そうかも!と思わせてくれたり。
お勧めな本です。帯にも「いま、大人が読むべき絵本」とありますし(^^)

会場には翻訳されてないものなども展示されてたり。
絵本の中から1枚だけの展示なんて、内容が超気になる(笑)
英語版くらいならどうにかなるかなぁ。。。なんて言ってたんですけどね。
挿絵だけでなく、大きな作品もありまして。
これまたシュールで、風刺がきいてたり、ほんとに面白い。
擬人化された動物が描かれたものが多いんだけど、
そこがまた、そのチョイスでくるかって感じで。楽しめました。
依頼受けて、仕上て世に出したものも、その後から手を加えたりしてて、
暖色系だった絵が寒色系に。。。配置も変わってるし。みたいなのが
両方展示してあったりして。これも面白かった。
作品集なども色々出てますので、、、ちょっと集めたい気分(^^)
DSCN5816.jpg

こちらが作品集。
ミヒャエル・ゾーヴァの仕事ミヒャエル・ゾーヴァの仕事
(2009/04/25)
ミヒャエル・ゾーヴァ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
2009.05.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mashikoya.blog75.fc2.com/tb.php/759-bfb01747

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。