上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日も帰り小雨がぱらついてました。
昨日も、夜半過ぎからの予報だったはずなのに、
帰りはみぞれ交じりの雨だったし。。。
明日は漸く晴れてくれるようで。冬晴れの空って好きなんですよねぇ。
すこーんと晴れた空を見たいなぁ。。。
相変わらずうちの会社では、咳があっちこっちから。
それも、結構きつそうなんでね。聞いてるほうが苦しくなるような。
皆さん、風邪には気をつけましょう。万病の元ですからねぇ。
って、そんな中にいても風邪のかの字も聞こえてこない私(笑)
ま、元気ということはいいことだ(笑)

さてさて、読み終えたのはこちら。
木曜組曲 木曜組曲
恩田 陸 (1999/11)
徳間書店

この商品の詳細を見る
いやぁ、久しぶりに恩田さん手にしたんですけど、
本当に一気に読んでしまいました。

内容(「BOOK」データベースより)
耽美派女流作家の巨匠、重松時子が薬物死を遂げてから、すでに四年。彼女と縁の深い女たちが、今年もうぐいす館に集まり、時子を偲ぶ宴が催された。なごやかなはずの五人の会話は、謎のメッセージをきっかけにいつしか告発と告白の嵐に飲み込まれ、うぐいす館の夜は疑心暗鬼のまま、更けてゆく。やがて明らかになる、時子の死の真相とは?期待の新鋭、待望の長篇ミステリー。


新たなキーワードが出るたびに二転三転して。
でもって最後がまた。やってくれましたわ。
読みながらそうきたかぁと笑みがこぼれてしまいます。

それぞれ一筋縄ではいかない女性が5人。
さてさて、その中でも更に上手をいくのは誰なのか。
恩田さんの真骨頂って感じかな。楽しませていただきました。
スポンサーサイト
2008.01.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mashikoya.blog75.fc2.com/tb.php/473-caeeff01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。