上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
帰宅したところ、「ふしぎ発見」でモーツァルトが取り上げられてました。
最初から見たかったかも。どんな問題出たんだろ。。。
知り合いがADのバイトみたいなのをしてて、
この番組の資料探しは、とにかく大変だったと言っていた。
とにかく、篭って、資料あさるだけあさったと(笑)
話聞いただけで大変そうでした。

久しぶりにモーツァルト聴いてます。私の持ってるのはすでに廃盤らしく。
私が好きな交響曲の25・39・40番が入ってるのが、↓なのですが。
指揮者で、大分変わってくるんですよねぇ。
時間が倍近く違うのとかあるからなぁ(^^;;

モーツァルト:6大交響曲 モーツァルト:6大交響曲
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (2000/03/24)
キングレコード
この商品の詳細を見る
私が最も好きな交響曲の25・39・40番が入ってるのがなかなかなくて。
25番と40番は同じト短調で、当時短調の交響曲って珍しいかったらしく、
よくセットになったりしてるんですがねぇ。
あと、39・40・41番は後期の三大交響曲ってことで一括りにされたりして。

でも、私が好きなのは25・39・40番なの!ってことで、
一生懸命探して、この3つだけ入ってるの見つけたときの嬉しかったこと。
別に、他のが入ってても、分かれててもいいんですけど、、、
1枚にまとめてもらわないと、当時高校生としてはつらかったのです(笑)

どれも、有名なんで、絶対耳にしてるのばかりだと思います。
25番の1楽章のシンコペーションなんか、とってもドラマティック。
39番の4楽章は16部音符が続くんだけど、軽やかで小気味良いんです。
40番は1ヶ月で創られてしまったものなんだけど、前の39番とは全然違って美しい調べ。
更に半月後にはまた違う雰囲気の41番「ジュピター」も仕上げてるんだから、やはり感服。
後期三大交響曲は誰のために書かれたのか、いつ演奏されたのかが不明で
(当時は自分の意欲で作曲と言うのはなくて、注文されて創るのが普通だったらしい)
「謎の」ってことで、くくられたりもしてるんですよねぇ。
創られた年月は特定されてて、楽器編成とかも分かってるのに。

「アマデウス」って映画がありましたねぇ。
自分の思い描いていたモーツァルト像がかなり崩された思い出が(笑)
あ、それで、タイトルバックに使われたのが25番です。

やっぱり、クラシックもいいですねぇ。最近聴いてなかったけど。
ダイナミックなのとかが好きなんですよねぇ。
平原綾香さんでおなじみになった「ジュピター(=木星)」も、
私は、冒頭の部分の方が好きですし。
ホルストの組曲「惑星」の一曲ですねぇ。
「木星」の次は「火星」にいってみるのもいいと思います(笑)
・・・どうも、「ジュピター」って言われると、思い出すのは、
モーツアルトのほうなんですよねぇ。
ホルストのは「木星」なんだよなぁ。。。

最近クラシックの話なんてしたことなかったので、
なんか、書き出したら、次々思い出しちゃいますねぇ(^^;;
長文になっちゃった(笑)
あと好きなのは、、、
ブラームス、ラベル、マーラー、シベリウス、サティとかかなぁ。
ピアノだと、ショパン、スクリャービンなど。。。
まあ、有名なのばかりですけど。
秋の夜長にクラシック。ぴったりですねぇ。
って、そろそろ切り上げますm(_ _)m

スポンサーサイト
2006.10.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mashikoya.blog75.fc2.com/tb.php/43-9eadd28d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。