上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
久しぶりの田口ランディさんの短編集。
ずっと前に買ってそのままになってたんですが(^^;;
やっぱり短編集は通勤時とお昼休みに本読む身としてはちょうどいいんですよねぇ。

ミッドナイト・コール ミッドナイト・コール
田口 ランディ (2003/10/02)
PHP研究所
この商品の詳細を見る
内容は、、、
もう、何してんのよぉ。全くぅ。そんなことするかなぁ。。。
って感じの女性達が主人公で登場します(笑)
自分の普段は見ない振りしてるような、執着や頑なさや、、
突きつけられるようで、痛っ!ってことも。
理解できちゃうから、少し愛おしく思えてしまったり。
そういうしょうがない人達だなぁ的目線で見てるつもりが、
彼女達が周りからふとかけられる優しい言葉にこっちまでぐっときたりして。
いつの間にか視点が入れ替わってしまっていて。
もしかして、それらに自分が癒されてたのかもしれない。。。

あとがきの石文(いしぶみ)の話が面白かった。
昔々、あった風習で、自分の気持ちにぴったりの石を探して、
その石を相手に送るのだそうで。

どんなに思いをこめて送っても、その石が相手にとっては
タダの汚い石でしかないかもしれない。
自分が受け取ってもその意味を見出せないかもしれない。
それでも、同じ石を感じあえる誰かを探している。


・・・自分の気持ちにぴったりの石を探すところからはじめなければならない。
伝えたい気持ち、、、自分の気持ち、、、自分。。。
うーん、探すためには、そのイメージがしっかりしてないと。

「もしあたしの石を見つけられたら、あたしは自信を持って誰かを好きになれる。
 ・・・これがあたしです、って、誰かのもとに走って手渡すだろう。」

 

相手探しの前にまずは、そのジャストな石探し。
一生懸命遠くを探してて、ふと下を見たら、足元に転がってたりして。。。
そんなこともあったりするかも。。。
しっかり目を開いて、探さないと。
見えるものも見えなくなっちゃいますから。
でも、簡単には見つかりそうもないよなぁ。。。

スポンサーサイト
2006.10.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mashikoya.blog75.fc2.com/tb.php/42-077e6dd9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。