上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ひとまず、本日を持ちまして、研修終了!いやいや、長かった。
今度これの反省会ということで、講師陣皆集めて打上げやることに(笑)
反省点は色々あれど、、、とにかく飲みましょう!と。
ここ何回かは皆、このために頑張ってた(笑)
まあ、、、いいじゃないですかぁ(^^;;

あ、本日のTFM、自分で耳にすることはすっかり諦めてたんですが、
どなたかレポあるはずぅなんてね。
そしたら、やま友さんより朗報あり。うふ。ありがたやぁ~。
で、聞こうと思ったのに、そうすると電話があり、
流しだすと、、、電話があり。こんなにいつもかかってこないのにぃ。
なんでぇ???ってなわけで、明日ゆっくり聞こうかと。
皆それぞれ、いろんなこと考えてるのよねぇ。ふぅ~ですわ。

さてさて、ここんとこ読んでた本のご紹介。
またしても恩田さん&ばななさんだったりする(^^;;
中庭の出来事 中庭の出来事
恩田 陸 (2006/11/29)
新潮社
この商品の詳細を見る
面白かったです。苦手な人は苦手な部類かもしれないけど。
自分の中で組み立ててく物語の世界が次々覆されるような。
不安定なんだけど、どう交わるのか、交わらないのか、、、先が気になって。
惑わされっぱなしって感じで。ワールドに取り込まれちゃいます。
何回か読んだりするとまた細かいとこも自分の中に取り込めて、余計楽しめるかも。
こういうの好きですねぇ。って、これじゃ全然内容分からないですね(笑)

内容(「MARC」データベースより)
瀟洒なホテルの中庭。こぢんまりとしたパーティの席上で、気鋭の脚本家が不可解な死を遂げた。周りにいたのは、次の芝居のヒロイン候補たち。自殺? それとも他殺? 芝居とミステリが融合した、謎が謎を呼ぶ物語のロンド。

「夏の名残の薔薇」を何となく思い出したりしながら。
ロンドってのはいい表現かも。主題が次々に展開してく感じがたまりませんでした(^^)


みずうみ みずうみ
よしもと ばなな (2005/12)
フォイル
この商品の詳細を見る
色んな重い過去をもった人たちが出てきたりするけど、、、
ていねいに生きてるって表現があって。
ちょっと憧れますねぇ、自分はというと、ちょっと遠いから(^^;;
ていねいに生きてて、それが佇まいから滲んできてるような人。
そこに気高さが漂う。で、その人の入れてくれた紅茶。
「おいしい紅茶は人を変えるくらいの説得力があるのだ。」ってね。
なんだか、紅茶の香りがふわっと匂い立つような。いいなぁと。
そういうの感じながら、ゆったりと、、、生きていけたらいいなぁなんて
思ってしまったわぁ。。。
この本で一番ぐっと来た言葉は「読み取れる感受性だけが、宝なのだ。」という一文。
そうだよねぇ、どんなものに出会っても、それを感じ取れなくては
何も自分の中に入ってくるもの、残るものがなくなっちゃうし。
色んな恩恵に溢れてる中に身を置いてるかもしれないのに、
それに気付くことができなくてはね。
これは、身に着けておきたいなぁ。で、手放したくないなぁ。。。
スポンサーサイト
2007.10.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mashikoya.blog75.fc2.com/tb.php/398-25da87fa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。