上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
お正月に借りてた本の残りの2冊は恩田さんのでした。
好きだし読みやすいから、サクっと読めちゃうとこも
通勤時間と昼休みの少しの時間しか読まない私にとってはかなりの味方(笑)

↓こちらの2冊です。
ネバーランド ネバーランド
恩田 陸 (2003/05)
集英社
この商品の詳細を見る

ロミオとロミオは永遠に ロミオとロミオは永遠に
恩田 陸 (2002/11)
早川書房
この商品の詳細を見る


紹介の大きさの違いは。。。私の好き嫌いの差(笑)

「ロミオとロミオは永遠に」はすっごい面白かったんですけどねぇ。。。

日本人だけが地球に居残り、膨大な化学物質や産業廃棄物の処理に従事する近未来。それを指導するエリートへの近道は、「大東京学園」の卒業総代になることであった。しかし、苛酷な入学試験レースをくぐりぬけたアキラとシゲルを待ち受けていたのは、前世紀サブカルチャーの歪んだ遺物と、閉ざされた未来への絶望が支配するキャンパスだった。やがて、学園からの脱走に命を燃やす「新宿」クラスと接触したアキラは、学園のさらなる秘密を目の当たりにする…。ノスタルジーの作家・恩田陸が、郷愁と狂騒の20世紀に捧げるオマージュ。


最後が私はどうも腑に落ちない。
ヒーロー2人が逃げちゃっただけな気がする。
いえ、「脱走」も醍醐味のひとつなんで、応援はしてたんですが。

で、もう一冊の「ネバーランド」は何となく題名に惹かれて手にしてみたのですが。
内容に関係なく、爽やかな感じが残ってます。

男子校の寮「松籟館」。そこで年越しをすることになった「居残り組」の4人の少年たち。数々の「事件」を通して明らかになる4人の秘密とは? 4人の少年たちの奇跡の一週間を描く青春ミステリ!


それぞれ、いろんな問題抱えてたりするんだけど、
高校生なりに、それに向き合っていたり。
この年代の子達特有の瑞々しさとか、潔癖さとか、
描くのうまいですよねぇ。
考えてみると、私の読んだののほとんどが高校生主人公だ。
ご本人も後書でこの小説を踏まえてまた後に書くことになりそう
とおっしゃってましたが、「夜のピクニック」とかまさにそうなのかも。
かなりできた高校生達ばかりなんですが。
こんなに冷静に自分の事、周りの事見てなかったよなぁとか(笑)

最後にホロっとさせられる、ちょっといい本でした(^^)

スポンサーサイト
2007.01.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mashikoya.blog75.fc2.com/tb.php/127-0e131d9e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。